大腿四頭筋の作用や支配神経、起始、停止を図で覚えよう!【大腿直筋,内側広筋,外側広筋,中間広筋】

スポンサーリンク

大腿四頭筋は4つの筋肉の総称で、とても重要な筋肉です。

大腿四頭筋の起始、付着、作用、支配神経、栄養血管、筋の走行をしっかりと抑えておきましょう。

大腿四頭筋は膝関節を伸展させる筋肉でとても重要です。

特に膝関節疾患ではポイントになる筋肉です。

イラストを用いて、詳しく解剖をみていきましょう。

スポンサーリンク

 

大腿四頭筋とは

大腿四頭筋の4つの筋肉から構成されています。

主な作用は膝関節の伸展です。

 

[deco_bg image=”chalkboard” width=”400″]

  〜4つの筋肉〜

[icon image=”check2-gr”]大腿直筋

[icon image=”check2-gr”]内側広筋

[icon image=”check2-gr”]外側広筋

[icon image=”check2-gr”]中間広筋

[/deco_bg]

 

大腿直筋の解剖

[icon image=”finger1-g”]大腿直筋は二関節筋であり、特徴として膝関節伸展の働きに加え、股関節屈曲の働きもします。

%e5%a4%a7%e8%85%bf%e7%9b%b4%e7%ad%8b

[deco_bg image=”paper1″ width=”600″]  〜大腿直筋の解剖〜

起始:下前腸骨棘,寛骨臼上縁

◇付着:脛骨粗面 (膝蓋靱帯を介して付着)

◇作用:膝関節伸展,股関節屈曲

◇支配神経:大腿神経( L2-L4)

◇栄養血管:大腿動脈

[/deco_bg]

内側広筋の解剖

[icon image=”finger1-g”]膝関節最終伸展域での膝伸展に関与しており、とても重要な筋肉。

エクササイズとしてはパテラセッティングがあるが、筋トレというより筋の収縮を促すイメージ。

内側広筋を鍛えるには、スクワットなどCKCでのエクササイズが重要。

 

%e5%86%85%e5%81%b4%e5%ba%83%e7%ad%8b

 

[deco_bg image=”paper1″ width=”600″]

  〜内側広筋の解剖〜

◇起始:大腿骨粗線内側唇

◇付着:脛骨粗面,一部は、内側膝蓋支帯を介し、脛骨内側顆へ付着

◇作用:膝関節伸展

◇支配神経:大腿神経(L2-L4)

◇栄養血管:大腿動脈

[/deco_bg]

 

中間広筋の解剖

[icon image=”finger1-g”]大腿直筋の深部にあります。

膝蓋上嚢ともくっついており、上嚢部を動かすには中間広筋を収縮させるといいです。

 

%e4%b8%ad%e9%96%93%e5%ba%83%e7%ad%8b

 

[deco_bg image=”paper1″ width=”600″]

  〜中間広筋の解剖〜

◇起始:大腿骨骨幹部の前面

◇付着:脛骨粗面

◇作用:膝関節伸展

◇支配神経:大腿神経(L2-L4)

◇栄養血管:大腿動脈

[/deco_bg]

 

外側広筋の解剖

[icon image=”finger1-g”]意外と筋肉が大きく、大腿骨の後方まであります。

外側広筋の上には腸脛靭帯があり、この間で癒着が生じることがあります。

 

%e5%a4%96%e5%81%b4%e5%ba%83%e7%ad%8b

 

[deco_bg image=”paper1″ width=”600″]

  〜外側広筋の解剖〜

◇起始:大腿骨粗線外側唇,大転子外側面

◇付着:脛骨粗面

◇作用:膝関節伸展

◇支配神経:大腿神経(L2-L4)

◇栄養血管:大腿動脈

[/deco_bg]
スポンサーリンク

 

まとめ

大腿四頭筋はとても重要な筋肉であり、特に膝関節疾患でポイントになる筋肉です。

しっかりと解剖学を抑え、筋肉をイメージできるようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です