トレーシングペーパーの使い方とは?100均で買え、脳画像を簡単に書ける方法をご紹介!

スポンサーリンク

 

関節や脳画像など簡単かつキレイに書く方法を知っていますか。

実習前には必ずトレーシングペーパーを準備しておきましょう。

それでは関節や脳画像などなんでも簡単にかける方法トレーシングペーパーの使い方をご紹介。

%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc

 

実習中に関節や脳画像を書く機会がありますよね。

絵を書くのが苦手なヒトにとっては大変でしょう。

そこで大活躍するのが『トレーシングペーパー』です。

それでは詳しい使い方をご説明しましょう。

 

スポンサーリンク

トレーシングペーパーとは?

トレーシングペーパーは、透かして複写する専用の半透明の用紙のことです。

こちらがトレーシングペーパーになります。

 

トレーシングペーパーは100均でも売っているので、実習前には必ず用意をしておきましょう。

 

トレーシングペーパーの使い方とは

それではトレーシングペーパーの使い方についてご紹介します。

準備するものは次の3つです。

 

[deco_bg image=”chalkboard” width=”600″]

[icon image=”check3-b”]トレーシングペーパー

[icon image=”check3-b”]テープ

[icon image=”check3-b”]鉛筆

[/deco_bg]

 

使い方はとても簡単で、写し絵をするように写したい絵の上にトレーシングペーパーを置き鉛筆でなぞるだけです。

 

ポイントはトレーシングペーパーがズレないようにテープで固定しましょう。

書いているうちに思っている以上にズレてしまうことがあります。

キレイに書くにはしっかりと固定し、トレースするようにしましょう。

 

トレース後はどうするの?

トレース後は絵が大きすぎるため、スキャンし縮小しましょう。

こうすることでサイズを自由に調節でき、レポートやレジュメに自由に貼ることもできるようになります。

 

スキャンすると色が薄くなってしまうことがあるため、線を濃く書いてからしましょうね。

  

スポンサーリンク

さいごに

絵が下手なヒトにとって、関節や脳画像の絵を書くのは大変ですよね。

そんなときに大活躍するのが、トレーシングペーパーです。

実習前に必ず準備しておきましょうね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です