今後の理学療法士や作業療法士業界、不安すぎる。不安を解消する方法とは?

スポンサーリンク

これからのPTやOTの仕事に対して、不安ではありませんか。

2015年超高齢化社会を迎えるにあたり、PT/OT業界の変化についていけてますか。

 

H25年11月27日に厚生労働省医政局から、以下のような通知が出されたのをご存知でしょうか。

理学療法士が、介護予防事業等において、身体に障害のない者に対して、転倒防止の指 導等の診療の補助に該当しない範囲の業務を行うことがあるが、このように理学療法以外 の業務を行う時であっても、「理学療法士」という名称を使用することは何ら問題がないこと。また、このような診療の補助に該当しない範囲の業務を行う時は、医師の指示は不要であること。 

引用:厚生労働省医政局通知(理学療法士の名称の使用等について)についてより

 

初めて見た方は、かなり危険です。

これがなにを意味しているのか。

 

それは病院などの医療機関の外でも、通知の条件を満たす場合は医師の示指がなくても活動することが可能になったということです。

 

つまり、病院などの医療機関で自動的に患者さんが来てリハビリを行うという受け身の仕事(リハビリ)から、外へ出て幅を広げる仕事(障害予防)へ変化してきているということです。

 

今までは病院の中で働いているだけでも大丈夫な時代でした。

しかしこれからは外にも出ていかないと、PT/OT業界からは取り残されてしまいます。

 

 

日本は高齢化に向けまっしぐらで、診療報酬が下がっていくことは目に見えています。

それでも、あなたは病院の中だけで働きますか。

 

今と同じ環境ではきっと給料や地位は上がらないでしょう。

特に給料に関しては上がっても微々たるものです。

地位も、上が抜けなければ今のまま。

 

あなたは今のままで大丈夫ですか。

 

私は不安です。

不安に思っている方は私の周りにもたくさんいらっしゃるので、きっと同じように感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

不安を解消するために、私は今から行動・準備をしています。

 

あなたは大丈夫ですか。

ある偉い方がこんなことを言っていました。

 

『行動をすることで、不安は解消できる』

 

行動をしなければ何も変わることはないので、おっしゃる通りですよね。

とても重要なことだと思います。

 

不安な方々のために、私が勉強している内容を情報発信しようと思います。

少しでも不安な気持ちがある方は”ライン@”で情報を公開しているため、ご登録をどうぞ。

 

さらに、ライン@ではご紹介しきれなかった情報はメルマガでさらに深くご紹介します!

ご興味がある方は、両方ご登録していただくと良いでしょう。

 

一緒に情報共有をして、これからのPT/OT業界の変化に対応して行きましょう!

 

P.S 最近、理学療法士の業界で『転職』というワードをよく聞くようになりましたが、、、
理学療法士が転職は転職をしない方がいい?!その理由と4つのパターンとは?

 

メルマガのご登録はこちら】

こちらから簡単にご登録できます。

メルマガ登録はこちら。

登録後、すぐにメールが届かない場合は、迷惑メールボックのご確認をお願いします。

 

【ライン@のご登録はこちら】

友だち追加

 

【パソコンのからはQRコード】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です