【下肢長】棘果長や転子果長の左右差の原因や統合を大公開!SMD&TMD

スポンサーリンク

棘果長(SMD)や転子果長(TMD)の左右差や脚長差の原因を知っていますか。

今回は棘果長や転子果長の結果から、脚長差の考えられる要因や統合についてご紹介します。

 

棘果長や転子果長は下肢の状態を把握する上で重要な評価です。

実習中でもよく行う検査項目の一つだと思います。

 

みなさんは、棘果長や転子果長の結果をどのように捉えていますか。

 

“左右の長さが違うから脚長差がある”としか考えていませんか。

 

棘果長や転子果長の左右差には多くの原因が関連しており、原因をしっかりと考えることが重要です。

それでは棘果長や転子果長について詳しくご説明します。

スポンサーリンク

 

下肢長とは?

下肢長の評価として棘果長と転子果長があります。

まずそれぞれを確認してみましょう。

 

棘果長(SMD)

棘果長はSMD(spinomalleolus distance)ともいわれます。

 smd-tmd

 

測定方法

【測定肢位】

 [icon image=”check1-g”]背臥位

 [icon image=”check1-g”]骨盤水平位

 [icon image=”check1-g”]股関節屈曲伸展中間位

 [icon image=”check1-g”]股関節内外転中間位

 [icon image=”check1-g”]股関節内外旋中間位

 

【測定点】

 [icon image=”check1-g”]上前腸骨棘から内果までの最短距離

 

注意点

しっかりと骨盤や股関節など中間位にします。

股関節内外転など股関節の位置によって、見かけ上の短縮や延長が生じることもあります。

  

転子果長(TMD)

転子果長はTMD(trochantomalleolus distance)といわれます。 

【測定肢位】

 [icon image=”check1-g”]棘果長と同じ

 

【測定点】

 [icon image=”check1-g”]大転子から外果までの最短距離

 

注意点

 膝関節屈曲や伸展位の状態、股関節変形状態によって、見かけ上の短縮や延長が生じています。

 

棘果長と転子果長の考え方とは

棘果長の考え方とは

棘果長は骨盤や下肢の状態の影響を受けます。

棘果長から考えられる因子はこちらです。

 

[deco_bg image=”chalkboard” width=”400″]

〜考えられ因子〜

[icon image=”check1-b”]骨盤の傾斜

[icon image=”check1-b”]股関節や膝関節の可動域制限

[icon image=”check1-b”]各関節の変形 など

[/deco_bg] 

 

例えば、股関節伸展制限があり股関節屈曲位のままでは棘果長は短くなりますよね。

また変形でも棘果長は変化し、例えば変形性膝関節症で内反変形が強いかたは、棘果長が短くなります。

 

転子果長の考え方とは

転子果長は棘果長の結果と統合して考えましょう。

 

[icon image=”finger1-g”]左右の棘果長と転子果長が共に違う場合

この場合、脚長差の要因は骨盤や下肢のどこかにありますが、これだけでは要因を絞ることが難しいです。

 

[icon image=”finger1-g”]棘果長は短く、転子果長が長い場合

この場合、ASISと内果の距離が近く、大転子と外果の距離が遠いということです。

これは変形性膝関節症の内反変形の場合に起こります。

いわゆるO脚ですね。

 

[icon image=”finger1-g”]棘果長は短く、左右の転子果長が同じ場合

棘果長が違うということはASISから内果までの距離に差があるということですよね。

また転子果長が同じ場合ということは、大転子から外果まで左右差がないということです。

 

これはASISと大転子の間の部分に問題があることを意味しています。

%e8%84%9a%e9%95%b7%e5%b7%ae  

要因として考えられるのは、内反股や外反股、臼蓋や大腿骨頭の変形である変形性股関節症、大腿骨頚部の短縮などが挙げられます。

 

統合の仕方とは?

まず棘果長や転子果長の結果から、脚長差が考えられる要因をあげます。

 

これに加え、関節可動域、レントゲンによる骨や関節の評価など、さまざまな理学療法評価を組み合わせ脚長差の要因をさがし、治療へつなげていきます。

スポンサーリンク

 

まとめ

棘果長や転子果長を計測したら“なぜ脚長差が起こっているのか”そこまで考えることが大切です。

今回は下肢長からわかる問題点をいくつかご紹介しました。 

 

下肢長からは多くの情報が得られるため、みなさんもしっかりと考えましょうね。

 

〜おまけ〜

脚長差の考え方に加え、大腿周径についても理解しておきましょう!
⇒必ず知っておくべき大腿周径のポイントはこちら。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です